新規事業
新しい暮らしのWellbeing

新規事業立ち上げにあたって

私たちは、三菱UFJ銀行を主要な取引先とする会社として歩み続けて90年。
物販・サービス事業、不動産事業を通じて、働く人と暮らしの様々な場面におけるWellbeingの実現を目指してきました。

昨今、テクノロジーの革新が進み多様化する社会の中で、
人々の生活様式や今までの常識が変わり、
ニーズは変化しています。

そんな中、新しいフィールドで新たなサービスに挑戦することで、
人々の新たなWellbeingをサポートできるのではと考え、
既存事業のリソースも活かした新規事業の検討をスタートしました。

新たなフィールドでチャレンジし、これまでも、これからも
様々な場面におけるWellbeingの実現をサポートしていきます。

新規事業に込める想い

我々の新しい事業が目指すビジネス像は、“働く人の生活の力となり、元気を与える商品やサービスを提供していく”ことです。
柔軟かつ多様なお客さまの期待に応え、心と体のスイッチを “On”にすることを目指します。

新しい生活様式の普及、盛んな情報流により、人々の好みや暮らし方が多様化し、
充実した暮らしの定義(=Wellbeing)は、柔軟に変化しています。
一方、個々人が心地よいと感じることに対する提供価値(=スイッチ “On” )も、
ハード面の生活環境だけではなく、サービス面の提供も加わり、バリエーションが豊富です。

新規事業では、様々なデータや先進的な技術を活用し、まずは不動産分野におけるソリューションを提供して参ります。
そのためには、お客さまと我々との“双方向のデータ流通”が重要であると考えます。
人と人との会話と同じように、発する情報を互いに解釈して信頼関係を築いていく、そのようなビジネス像を目指します。

その第一歩として、我々は新会社を設立し(2021年4月設立予定)、新たな商品やサービスを提供していく準備を整えています。